日本大学短期大学部 建築・生活デザイン学科

学科概要

カリキュラムの特徴

建築を中心に都市,ランドスケープ,インテリア,福祉住環境等に関する知識と技術が学べます。 3つの専門分野に配置されたそれぞれのユニットには,講義科目以外に演習・体験型科目が用意されており, 内容の理解を深めることができる工夫がなされています。

共通プログラム

共通教育専門科目

  • 建築計画の基礎
  • 建築・生活デザインの基礎
  • 建築構法の基礎
  • 建築環境の基礎

1年前学期に建築を学ぶために欠かせない包括的な基礎知識を学びます。

専門プログラム

1年生後学期からは3つの専門分野から1つを選んで主専攻とします。 自分の目標や志望に合わせて,主専攻にあるユニットを中心に科目を選択していきます。


建築デザイン分野

ユニット 科  目
建築読解ユニット

建築の歴史や社会背景について学び,現代および将来の建築で在任ついて考えていくための知識を学びます。

  • 欧米の建築史
  • 日本・アジアの建築史
  • 現代建築論
建築プランニング
ユニット

適切な規模の求め方,機能的な平面計画や動線計画の考え方など,建築企画・設計に必要となる基礎的な知識と技法を学びます。

  • 建築計画I, II
  • ランドスケープデザイン
都市・街並み
デザインユニット

都市環境の読み方や町並みがかたちづくる経験の見方を学ぶことで,建築から地域まで幅広い空間を計画しデザインするための視野を培います。

  • 建築法規
  • まちづくりデザイン
  • 都市デザイン
建築デザイン
ユニット

建築設計に必要な図面・模型等の制作技術を学び,設計案をまとめていくための想像力を段階的に培っていきます。

  • 建築デザインスタジオⅠ~Ⅲ

建築エンジニアリング分野

ユニット 科  目
建築力学ユニット

建物の自重や地震,風などの外力に対して,安全な建築物を設計するための基礎的な力学について学びます。

  • 構造力学Ⅰ~Ⅱ
  • 建築材料力学Ⅰ~Ⅱ
  • 建築数学の基礎演習
建築材料ユニット

建築物に使用される構造部材や仕上げ材の特徴について,目で見て手で触ることを通じて学びます。

  • 建築材料Ⅰ~Ⅱ
  • 建築生産実験
建築構法ユニット

安全で効率よく建築物を造るための材料の構成方法や建て方について基本的な考え方を学びます。

  • 建築基礎実験Ⅰ~Ⅱ
  • 建築施工法
  • 建築各種構法
環境設備ユニット

快適な環境を実現するための基礎知識を学び,設備計画を通じて実生活に還元する方法を学びます。

  • 建築地域環境
  • 建築音環境
  • 建築設備
環境情報ユニット

建物の断熱・換気方法や建築分野における情報化に適応できるコンピュータ利用法を学びます

  • 建築気候
  • 建築環境実験
  • 情報処理
  • 建築情報処理

生活デザイン分野

ユニット 科  目
ユニバーサル
デザインユニット

文化・言語の相違,老若男女の差異,障害・身体能力の程度問わず,誰もが利用可能となる生活環境・日常空間の作り方の基礎を学びます

  • 建築人間工学
  • 建築ユニバーサルデザイン
  • 福祉住環境計画
インテリア
デザインユニット

室内空間をより快適にしていくためのデザイン技法,光や色彩,環境形成についての専門知識を学びます。

  • 色彩計画
  • インテリア計画Ⅰ~Ⅱ
  • 美術・デザイン史
デザイン表現
ユニット

あらゆるデザイン分野に共通する基礎的な造形技法を学び,アイデアを造形作品として表現,伝達する手法を習得します。

  • ものづくりワークショップ
  • メディアデザイン演習
  • 造形デザイン演習
  • プロダクトデザイン

ゼミナール科目

  • 入門ゼミナール
  • 基礎ゼミナール
  • 発展ゼミナール
  • 卒業研究

ゼミナール形式の少人数教育により,専門的知識を養いながら,自ら考える能力を培います。

キャリア・職業教育科目

  • 短大入門講座
  • 技術者倫理
  • ものづくりインターンシップ
  • キャリアデザイン
  • 建築キャリアデザインI・II

将来の職業選択についてヒントを与えると共に,資格取得に向けた授業を行います。

ページトップ

Copyright(c) 2012 Nihon Univercity Junior College. All Rights Reserved.